今なら泡立てネット付き!ルナメアAC1週間お手入れキット1,000円+税

ニキビ 大人

大人にきびの調査については、なんと20代から30代だと半数以上の人がにきびやその跡に悩まされている、という調査結果があります。

そもそも、大人にきびとは、10代ではなく20代以降、30代や40代など、成人後になってもできるにきび(吹き出物)のことです。
多くは、フェイスラインや口の周りなど、顔の下部分にできることが多いようです。


なぜ20代以降になってからもにきびで悩まなければならないのかというと、正しいケアをやってあげないと、一度治ったと思っても、繰り返して同じような場所で再発してしまう、という点がくせものです。

さらに、同じ場所でできて→治って、を繰り返しをしていると、ケア方法を間違えると跡やシミになってしまうことも。。。

大人にきび 原因

20代以降になってからできるにきびは、皮脂が過剰に分泌されてできる10代のころのにきびとは違って、皮脂の過剰分泌だけが原因ではないです。

大きな原因のひとつとしては、なんらかの原因で皮膚の代謝異常が起こり、毛穴が古い角質で詰まってしまい、そこに皮脂が溜まる、というもの。
ここで、「なんらかの原因」とは、主に社会人であればたいがいどれかに当てはまりそうなもので、残業などによる生活習慣の乱れやストレス、睡眠不足、偏食などがあります。
果たして、ふつうに働いている社会人で、ストレスや睡眠不足が無いような人がどれくらいいるんでしょうか?
だからこそ、悩まされている人が多いんだと思います。

逆に言うと、大人にきびのケアは上記のような原因を取り除いて上げるのが正しいケアへつながっていきます。

できるだけ生活習慣を整えて、睡眠をしっかり取り、適度な運動と、しっかり食事からバランスの良い栄養を摂るのがにきびケアの第一歩です。

 

 

© 2016 ニキビケア rss